給料日にパチンコ負けたあなたが真っ先にやらなけらばいけないこと

先月と同様に給料日にパチンコに10万円も負けてしまい、給料日直後というのにすでに生活費が残っていない状態でどうしたらよいのか途方に暮れているあなたに、いくつかのアドバイスをお伝えいたします。

本業以外に副業をする

お給料が少ないと、パチンコやスロットなどのギャンブルで一攫千金でお金を得ようとする心理が働く傾向があります。一度パチンコで何万円も勝ってしまうと、その時の興奮が頭から離れずに、また勝てるんじゃないかと思ってしまうのです。

本来ならばそこでやめておけば良いのですが、またパチンコに行ってしまい、次は何万円も負けてしまうのです。もしも本業で給料たくさんもらっているのであれば、精神的にも余裕ができギャンブルにはまることが少なくなるでしょう。

本業でのお給料が増える可能性はこのご時世少ないですから、収入源を増やすためには、副業をするしかありません。

会社帰りについついパチンコやスロットなどをする習慣がついているのであれば、思い切って会社帰りにアルバイトをしてみてはいかがでしょうか。おそらく2~3時間しかできないと思いますが、それでもギャンブルに行って負けてしまうよりかは、毎月入ってくるお金が多くなります。

もしも外で働くのがしんどいのであれば、今は在宅でできる仕事がたくさんあります。パソコンが得意なのであれば、データ入力や文章作成など、そんなに体力を使わない仕事も可能です。人間関係のわずらわしさもないので、会社員の副業には最適だと思います。

ギャンブルで負けた金額を把握する

パチンコやスロットなどのギャンブルで、これまでに一体いくら負けたのか、金額を把握しましょう。冷静に分析してみると恐ろしい金額になっているはずです。

世間の常識から言えば、お給料から生活費を引くと、ギャンブルに回せるお金がそんなに多くないことをは明白です。このように生活が破綻していけば、そのうち借金をしてしまうことになるでしょう。

消費者金融やキャッシングローン闇金などで簡単にお金を借りることを考えているかもしれませんが、借金を背負うことは、あまりお勧めしません。できるだけ自分の生活を省みて、パチンコやスロットのギャンブルに行く回数を少しでも減らして、改善することをお勧めします。