パチンコやスロットで給料をすった時やるべき方法

せっかく入った給料を、競馬やパチンコなどのギャンブルで7万円すってしまった場合、どのようにお金を工面すれば良いのか方法がなくて困りますよね。

お給料もそんなに多くなくて生活するだけでも精一杯なのに、次の給料日までにどうすれば良いのか、いくつかの方法を紹介します。

スポンサーリンク

副業をする

いくら給料を吸ったとしても、生活はしていかなければなりません。食費さえままならないのであれば短期のアルバイトいや日雇いでも良いので、何か収入源を確保しましょう。

あなたが今会社員なのであれば、副業をしてみましょう。何かお金になりそうな趣味や得意なことはないでしょうか。例えば絵を描くのが好きな人なのであれば、個人でイラストを書くことを請け負うこともできます。ココナラというサイトでは、そういう個人の得意なこと売り出すこともできます。

何も特技がないと言うのであれば、いっそのこと家にある不用品を売りに出してみましょう。家の中を見渡してみれば案外いらないものが目に付くはずです。

購入したもの全然使っていないようなものはありませんか?結婚式の引き出物なども、使わないようなのであれば売りに出してしまいましょう。

いらないものが減れば部屋の中をすっきりしますし、何しろそれがお金に変わるので、月に数万円の臨時収入でも、生活の足しになると思います。

スポンサーリンク

消費者金融は最終手段

それでも生活費が足りないのであれば、消費者金融やキャッシング闇金などに借金をすることを考えるかもしれませんが、それはひとまず最終手段として置いておきましょう。

どうしても借金をしたいのであれば、家族や友人知り合いなどにダメ元で相談してみましょう。理解のある会社だったら、お給料の前借りがすることができるかもしれません。ただきちんと返済できなければ、給料から天引きされていくので、きちんと返済することを肝に銘じてください。もしそれができなくなると人間関係が破綻してしまうので、必ず返済しましょう。

もしも結婚されているのであれば、奥様に金銭管理をお願いしましょう。生活費がギャンブルの費用になるのであれば生活はきっと苦しいはずです。

奥様としっかり話し合って、毎月ギャンブルに使える金額をきちんと決めましょう。奥さんも働かれているかもしれませんが、奥さんのお給料をあてにせずに、まずはあなたの給料で生活を成り立たせることを第一に考えてください。